うつ病、鬱状態、生きづらさ、心や日常の悩みをスッキリ解決!どんどん良くなるカウンセリング山形。人生悩み相談。電話とスカイプで全国対応可。仕事や職場の人間関係、不倫、離婚、別居などの夫婦問題、子育て、親子関係、家族問題、恋愛、出会い、復縁、鬱、引きこもり、対人恐怖症、性格改善など様々なご相談に対応しています。宮城、福島、秋田、岩手、東北全域や関東や北海道からもご相談者さんが来られます。

人生を変えるおすすめ本

人生を決めているのはセルフイメージ(自分をどう思うか)

こんにちは(^^)カウンセラーの会田です。

クライアントさんに話したことですが、
とてもよかったと言われたので。

何度かブログにもセルフイメージの話は書いていますが、

セルフイメージ(自分をどう思っているか)が、
自分の行動や振る舞いを決めています。

セルフイメージ通りに人生が展開していきます。

「私はうまくいかない」「私は大したことない」

「私はできない」

と思っていたら、行動や振る舞いも自然とそうなっていきます。

反対に、

「私はうまくいく」

「私はすごい」

「私はできる」

と思っていたら、行動や振る舞いもそうなります。

「私はモテない」

「私はモテる」

これもセルフイメージですが、
私はモテると思ってる人は、本当にモテます。

東大卒業でも、自分は能力ないと思っている人より、

中学卒業して実際バカでも、
俺は能力があると思っている人
の方がセルフイメージは高いとなります。

すごく美人なのに、私は綺麗じゃないと思っている人よりも、

大して可愛くないのに、私は可愛いと思っている人の方が
セルフイメージは高く、周りからもそう思われます。

※これが、セルフイメージの本質で、
自分が自分をどう思うかなので、事実とは関係ありません。

今の自分をどこまで肯定できているかです。

実際に知り合いにいましたが、
客観的に見て、全然かっこよくなくても、本人が

「俺はかっこいいし、いい男っすよ」

と思い込んでいれば、実際もそうなります。

本当に女性にモテていました。

★事実はどうとか関係ない。自分が自分を肯定できるか 

「私はうまくいく」

「私はすごい」

「私はできる」

「私はモテる」

「私は能力がある」

など、自分で自分のことをそう思えるか。

これがセルフイメージの正体です。

それはわかるけど、
どうすれば、そのセルフイメージを変えれるのか?

この本にセルフイメージを変え、
より良い人生を送る方法が書かれています。

自分を不幸にしない13の習慣、今なら限定価格!


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional