うつ病、鬱状態、生きづらさ、心や日常の悩みをスッキリ解決!どんどん良くなるカウンセリング山形。人生悩み相談。電話とスカイプで全国対応可。仕事や職場の人間関係、不倫、離婚、別居などの夫婦問題、子育て、親子関係、家族問題、恋愛、出会い、復縁、鬱、引きこもり、対人恐怖症、性格改善など様々なご相談に対応しています。宮城、福島、秋田、岩手、東北全域や関東や北海道からもご相談者さんが来られます。

催眠療法

催眠とは

催眠とは、テレビの催眠ショーを連想する人がいますが、

あらゆる変性意識状態を定義しています。

催眠状態とは、その人がよりリラックスしている状態をいいます。

お風呂に入っている時、ぼーっとしている時、朝起きた時寝る前なんかの状態もそうです。

人はたいてい1日に2回は、催眠状態に入っているといいます。朝の起きがけ、寝る直前です。

脳波によって4つの状態というのが定義されていますが、

・ベータ波ははっきりと覚醒している状態

・アルファ波はリラックスしている状態

・シータ波とデルタ波は、睡眠中に夢を見ている状態のことをいいます。

催眠とは、睡眠中とは違う状態のことをさします。

ヒプノシスに暗示が加わったものをヒプノセラピーといいます。

私たちは、日常でいろんなことを考えます。一日5万回もの考えが浮かぶそうです。

寝る前もいろんな考えや想念が浮かびます。

そのことが暗示となり潜在意識へと入ります。

これを読んで、感のいい方は、寝る前に新しい習慣を作れるかと思います。



顕在意識と潜在意識

普段起きている時に意識している顕在意識は10%、気がつかない部分、無意識・潜在意識は90%と言われています。

本により、3%などと表記されているものもあります。

ヒプノセラピーは、この90%の潜在意識の方へアプローチをします。

ヒプノセラピストができるのは、潜在意識にある刷り込み(プログラム)を見つけ、それを改善・修正することです。

そのアプローチの一つのして、ヒプノやNLPがあります。

催眠療法の資格について

当方は、米国催眠協会の会長でもあるリチャード・ニーヴス氏より、国際セラピートレーニング協会(ITTO)の国際的な資格をとっております。

正式名称はInternational Therapy Training Organization
ヒプノセラピーの世界的権威であるリチャード・ニーヴス博士が2003年に設立した団体です。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional