うつ病、鬱状態、生きづらさ、心や日常の悩みをスッキリ解決!どんどん良くなるカウンセリング山形。人生悩み相談。電話とスカイプで全国対応可。仕事や職場の人間関係、不倫、離婚、別居などの夫婦問題、子育て、親子関係、家族問題、恋愛、出会い、復縁、鬱、引きこもり、対人恐怖症、性格改善など様々なご相談に対応しています。宮城、福島、秋田、岩手、東北全域や関東や北海道からもご相談者さんが来られます。

うつの時と元気な時では問題と向き合う力が違う

うつの時と元気な時では問題と向き合う力が違う

カウンセラーの会田です。

「うつ状態から回復まできること」を書いています。

ここまでを、一度まとめます。

散歩や掃除など、今できることをやる。小さい変化が大きい変化につながっていきます。

落ち込みやうつを悪いことと思わない、人として自然なことととらえることで、必要以上に自分を責めなくなります。

家族や、パートナーに話を聞いてもらったり、理解してもらうこと。これも大事です。

パートナーの言葉で傷ついたり、理解してもらえない時は、カウンセリングを上手にご活用下さい。

カウンセリングでは否定することなく、その人の気持ちに寄り添い、話を聞いていきます。

また、カウンセラーが解決したり、治すのではなく、その人の中から適切な答えや生きる力が出るのをサポートしていきます。

うつ状態や落ち込んでいる状態で、離婚や別居などの夫婦問題を抱えている、仕事や人間関係の問題を抱えている、恋愛問題を抱えているなど、なにか特定の問題を抱えているという時。

心がひどく落ち込んでいる時と、心が少し元気になった時、回復した時では、その問題や状況と向き合うパワーも違ってきます。

心が元気になると、解決策も見えてきたり、解決できるようにもなっていきます。

なので、まずはできる範囲から、自分の心を元気にすることを、やってみてください。

心が、少しずつ回復してくると、問題に対しても、見方が変わっていきます。

人には、回復する力も問題を解決する力はあります。

今、状態が悪い方、悩んでいる方だって同じです。

あきらめないでください。

お読みいただきありがとうございます。

うつ病から回復までやること

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional