山形県山形市のカウンセリング。うつ病、鬱状態、生きづらさ、心や日常の悩みをスッキリ解決!どんどん良くなるカウンセリング。人生悩み相談。電話とスカイプで全国対応可。仕事や職場の人間関係、不倫、離婚、別居などの夫婦問題、子育て、親子関係、家族問題、恋愛、出会い、復縁、鬱、引きこもり、対人恐怖症、性格改善など様々なご相談に対応しています。山形、宮城、福島、秋田、岩手、東北全域や関東や北海道からもご相談者さんが来られます。

カウンセリングの事例

カウンセリングの事例

個人が特定されなように匿名にしています。

■元彼と復縁を望む 20代 女性
元彼が忘れられない、復縁希望で、
かなり悪い状態でご相談に来られました。

苦しい気持ちで、
かなり感情をはき出されました。

ですが、カウンセリング後は、
かなりすっきりされて、
落ち着いてほっとして大丈夫と、
希望を持たれて帰って行かれました。

その方は、いつも、

「彼が離れていってしまう」

ということを考えていたとのことでした。

それが何度も現実になっていました。

自分の心の奥にある、そういう思い込みが、
現実を創っていることを説明し、

その心の中にある思い込みを変えるための
アファメーションを作成させていただきました。

たった一回、唱えただけで、だいぶ気持ちが落ち着き、
そのアファメーションを信じられると
安心した気持ちになったようでした。

このアファメーションを唱えることで、

自分自身に対して、
心の奥にある、よくない思い込みや考えを
勘違いや間違いだったということを教えて、
新しい考えに変えることができます。

例えば、

「彼が離れていってしまう」

という思い込みだったら、

「彼はずっとそばにいる」

などの思い込みへ変える。

急には変わらなくても、少しずつ、
心の中にある思い込みも変わっていきます。

心の中にある考え、思い込みが、

「愛されている」「大丈夫だ」

などと変わると、本当に目の前の現実も変わっていってきます。

実際に、私の以前のクライアントさんで、
一年近くかけて復縁を成功させた方もいます。

自分の考えや思い込みが現実を創っています。

「自分の考えや思い込みが現実を創っている」

ことを受け入れられない方もいますが、
やはりそういう人は、あまりよくない現実を創っています。

「自分の考えや思い込みが現実を創っている」

ことを受け入れて、考えや思い込みを変えようとする人は、
これから先、きっと望む現実を創っていけるだろうなと思います。


■浮気を疑ってしまって苦しい 40代 女性

浮気など、いろいろ疑いの気持ちがあったようですが、
「もやもやして苦しかったのが、なくなってすっきりした」
と帰って行かれました。

数日後すぐに、うれしい報告コメントを頂きました。
私もとてもうれしい気持ちになりました。
ありがとうございます。

二時間のカウンセリングで、
いろんなことに気がつかれ、疑心の世界から愛の世界へ移動されました。

不安の世界、恐怖の世界、疑心の世界、
こういうのは自分の心が作り上げます。

でも、「ある」ことに気が付くと、
「ない」世界抜けて、目の前にある愛のある世界に行くことができます。

ご夫婦の悩み相談で来られる方も多いです。

女性で旦那さんやパートナーに対して、
感情的になる方がいますが、
感情的になると男性の方は辛くなります。

怒りで相手をコントロールしようとしているわけです。
これはやめた方がいいです。

人は時には感情的になる時もありますが、
感情的になり怒りをぶつけるのと
話しあいはまったく違います。

私もいろんなご夫婦の話を聞き、
学ばせていただいていますが。

女性が感情的になり、
怒りや不満ばかりふつけるというケースは、
あまりよいパートナーシップは築けません。

男性は気持ちを閉じてしまったり、
他の女性へ癒しを求めたくなったりします。

もちろん、怒るのには理由があったり、
その奥には理解してほしい気持ちがあったりします。

愛してほしい、理解されたい、
自分だけをみてほしいなどなど。

そういう自分の本音に気が付くことでも、
気持ちが整理されます。

気持ちが落ち着くと、
また状況へと違った見方がすることができます。

浮気を疑っていたけど、
実はまったくの勘違いだったということに
気が付くことだってあります。

感情的になるのとは反対に、男性の話をたっぷり聞いて、
男性の部分をほめてあげたり、
ゆっくり話す人は可愛らしく、
男性に長く愛されているように感じます。


■会社で緊張する、話せないと悩む 20代 男性

会社で緊張してうまくふるまえない、
人と話せないというご相談で来られました。

カウンセリングの中で、
周りの人に言いたかった言葉、
過去に家族に対して言いたかった本音
が同じでだったことに気が付きました。

その本音に気が付いたことで素直になり、
モヤモヤからすっきりした様子になっていかれました。

今の状況に対しても、
「新人社員が悩んだ時にその人の気持ちがわかり、アドバイスができる」
別の視点があることにも気が付かれました。

現実は、自分の自作自演だったりします。
自分の考えが先で、現実が後に作られたりします。

例えば、プライドが高くて自分から仲間
とか輪に入れない人がいるとします。

そんな人が、つっぱるのをやめて、

「仲間に入れてよ」「かまってよ」「本当はしゃべりたい」

と自分が言いたくないことを認める。

相手に言えなくても、
自分が本音を認めてることで、素直になります。

その人の心も素直になるし、ふわっと緩みますし、
その人じたいがやわらかくなったりします。

そうなると、周りの現実も変わっていったりします。

さらに、その本音を相手に伝えることができると、
もっと良いです。

自分自身も心が軽くなり楽になります。

人に対して緊張するとかどう接していいかわからない
という悩みの方はけっこういます。

心の緊張する部分がとれて、本音が言えたりして、
自分らしく振る舞えるようになってほしいなって思います。


■恋愛ができない、恋人ができないことで悩む 30代 女性

「恋愛ができない」「恋人ができない」
という悩みでご相談に来られました。

別のところでカウンセリングを受けたことがあり、
その時は「話を聞いてもらえなかった」
という思いもあったようでした。

お話し出した時、感情があふれ涙していましたが、
帰り際には、
「具体的なアドバイスが聞けて、来て本当によかったです!」
との言葉を頂きました。

「恋愛できない、恋人ができない」という悩みを持つ方に共通して、
悪い思い込みや実現を止めている心理ブロックがあったりします。

「私は愛されない」
「自分のことはわかってもらえない」
「理解されない」
「幸せになれない」

などなど。

大人になってからの恋愛の経験でできる時もあれば、
子供の頃に親から言われた言葉などで、
そういうよくない思い込みを持つ場合もあります。

せっかくいい出会いに恵まれても、
それらの思い込みで、自分で拒否したりする時もあります。

そういう悪いこみを消す方法と
変える方法があるので、それらの方法をお伝えしました。

また、引き寄せの法則と呼ばれる
潜在意識の活用を実践している方でも、
うまくいかない人で共通していることがあります。

録音アファメーションのコツや、
自分を愛するワーク、嫌いなところを書き換えるワーク、
引き寄せメソッドを活用する上での大事なポイントなどを
お伝えしました。

「今、○○がないから引き寄せよう」
という思考で、瞑想やイメージをすると、
「ない」がベースなので、ないという現実が続きます。

これを180度変える心の持ち方をお伝えしました。
そうすることで、引き寄せもうまくいきます。

カウンセリング後、メールをいただきました。
ありがとうございます。

「こんばんは
10日にカウンセリングでお世話になりました、○○です。
昨日はどうもありがとうございました。

あまりうまく話せなかったなあというのが若干心残りですが、
具体的なアドバイスをたくさん頂けて本当に良かったです。

ここ最近ずっと気持ちが沈んでいたのですが、
昨日お話したことでスッキリしてかなり精神的に復活できた気がします。

昨日教えて頂いたことを実践していこうと思います。
一度は有耶無耶なまま挫折してしまいましたが、歯くいしばって継続してみます。

「必ずできます!」という心強い言葉を頂けて
本当に嬉しかったし行って良かったなあと思っています。
この度はありがとうございました。
また報告に参ります。
○○」

お伝えしたことは、気楽に力を抜いて、実践してください
※それもコツですので。」
と返信させていただきました。

また、パラレルワールドの理論や
「現実は幻想」という概念を知ることで、
固定された現実は薄らぎ、現実を変えやすくもなります。

報告を楽しみに待っています。


■職場の人間関係、コミュニケーションで悩む 20代 女性

職場の人間関係、コミュニケーションで悩まれていました。
不眠も続いているようでした。

この方もそうでしたが、

「周りから認められてない」

と感じる方て、意外に多いです。

そんな方に共通しているのは、
自分も、自分のことを認めてないということ。

「まだ、がんばりが足りない」とか、「まだ、できてない」

などなど。

お話を聞くとそんなことはなく、
十分にがんばっています。

「十分にがんばっていますよ。
そんな自分を認めてあげてください」

というと、自分を認めるという許可がおりるのか、
涙を流したり、自分を肯定できるようになっていかれました。

出来事や状況をマイナスにとらえるのではなく、
良い解釈、プラスにもとらえられることをお伝えし、
それを一生の習慣にする方法をお伝えしました。

またプラス思考ではなく、
プラスのフィーリング、プラスの気持ち、感覚になることが
大事であり、自分でできるそれらの方法もお伝えしました。

不眠や緊張状態を改善するために、
心と体の関係もお伝えしました。

辞めたい気持ち100%だったのが、
カウンセリング後は、50%くらいになり、
「気もちがだいぶ楽になった」とのことでした。

もちろん無理はほどほどにするのがいいですが、
心の状態が変わると、またやる気ができたり、
乗り越えることができるようになったりします。


同僚への嫉妬と自分のやってしまったことの後悔 男性 30代

同僚への嫉妬と自分のやってしまったことの後悔で悩んでいる方でした。

15分の無料カウンセリングで、お話しを聞き、
「ご自分の価値観で、苦しんでいる」ことをお伝えしたところ、
ご自分でもぼんやりと感じていたことが、意識されたようで、
それを聞いただけで少し楽になったと、カウンセリングに来られました。

ご本人も、自分の持っている価値観が、
自分を苦しめていることを納得している様子でした。

自分の価値観が、自分を苦しめる。

これはどういうことかというと、

例えばですが、
「自分は人よりも上に立っていたい」
など、人間関係で優位性をつける癖、価値観を持っていると、
そうならない人間関係で苦しむことになります。

別の例でもいうと。

「あいさつするべきだ」
という価値観があると、
あいさつしない人に頭にきたりします。

このように自分が持っている価値観により、自分が苦しんでしまうことがあります。

人はこうあるべきだとか、自分はこうでいたい
などなど。

そういう持っている価値観に気が付いて、
その価値観をゆるめると、こだわりを手離すことができたり、
ふっと楽になったりすることがあります。

あまりに強く、こうあるべきとか、
自分はこうだと思っていると、
そうならない時、いらいらしたり、苦しんだりします。

自分のこうあるべきだ、自分はこうでありたいのような
強い価値観、考えに対して、
「どうでもいい」
「どっちでもいい」
そう思えると、気持ちがフラットになっていきます。

価値観を緩める方法、自分を許したり認める方法をお伝えしました。

「どうでもいい、人は人、自分は自分。」
この言葉が響いたようで、
何度か繰り返しつぶやいていただきました。

後日、本気でそう思えるようになったこと、
今までの自分のやってきたことに自信が持てるようになったことなど、
メールでご報告をいただきました。


■性格の癖と仕事が長く続かないという悩み 20代 男性

自分が気にしているある性格の癖を気にして、
それの改善策を求めて、カウンセリングに来られました。

状況とお話を十分に聞いた後、

その性格の癖に対しての対処方法や
いろんなことをお伝えさせていただきました。

また、

「転職が多いイコール、自分はダメだ」

のような、とらえ方をしていましたが、

転職が多いイコール、経験が多い、
人生経験多い、チャレンジしている

など前向きなとらえ方をお伝えしたら、
顔色がパッと明るくなり、
前向きな気持ちへと変わっていった様子でした。

物事のとらえ方を変えるだけで、
気持ちは変わったりします。

とらえ方を変えることをリフレームと言いますが、

どの状況に対しても、
見かたを変える、とらえ方を変える、
意味付けを変えることができます。

毎日起きた出来事に対して、
リフレームする、良い解釈をすることで、
幸せを感じる脳のパターンもできていきます。

無理やりプラスに考えるプラス思考ではなく、

とらえ方を変える、良い解釈をすることは、
人生レベルで深い気付きをえることもあります。


■過去のフラッシュバックで苦しい 20代 女性

病院でアスペルガーと診断されたことがある方でした。

人にもKY(空気読めない)だと言われてきたとのことでした。

でも話してみて、私が思ったのは、

「ちゃんと空気も読めるし、相手のことも考えられる人」

でした。

もちろん、本人にそう伝えました。

病院は、病名をつけるところです。
診断上はそうかもしれません。

私は、そういう病名をなるべく外します。

「うつ病」と言われると、自分はうつ病なんだと、
どんどんうつになりがちですが、

うつなんてみんななる時あるし、
「うつの傾向がある」と少し外すだけで、
そのはりこや思い込みから出られるようになります。

ある悪いことをした人を、不良とみることで不良になっていきますが、

その同じ人を、善人で良い心もあるとみることで、
その人はそうなっていきます。

子供などは特に、親や周りがどう見るかで変わっていきます。

これを『ピグマリン効果』とも言います。

過去の嫌な出来事を思い出し苦しんでいる、
それをなんとかしたいと来られましたが、

あるワークをやったところ、思い出さなくなり、解放された
とのことでした。

嫌な出来事を思い出して、苦しむこともできますが、

私のカウンセリングでは記憶を和らげたり、
意図的に思い出して、その時の感情を解放することもできます。

一年くらい美容室に行っていなく、
化粧もずっとしていないと言っていた方ですが、

すぐ二度目来られた時、
その前日に美容室でカットとカラーをし化粧をして、

服装も女性らしく変わり、
アクセサリーなどもつけ、
見違えるように綺麗になっていました。

お風呂も入らない日が続くことがあったのが、
ちゃんと入るようにもなったと聞いて、
とてもうれしく思いました。


■占いで「今の彼と結婚できない」と言われた 20代 女性

車で一時間以上のところから来られました。

職場の人間関係、友人との関係など、
いくつか悩みがあり、相談に来られました。

メインの悩みについて話し、解決策など話した後、
占いでは「今の彼とは結婚できない」と言われた話になりました。

そう言われたことで落ち込んでいましたが、
そんな勝手なことを伝えるその占いもありえないよなと思い、

・運命シナリオは無数にあること

・自分でその運命シナリオを選べること

・思考は現実化すること

などをお伝えし、
その場で一緒に願い事を文章にして紙に書きました。

引き寄せの法則、波動の法則を活用した効果のあるアファメーションです。

その願いごとの一つが、今の彼と結婚するとのことで、作成しました。

後日、そのYさんからメールをいただきました。

(Yさんからのメール)

「遅くなってしまいましたが、、

先日はカウンセリングありがとうございました。

お手紙、嬉しかったです!!

ありがとうございますm(__)m

会田さんに報告です(^^)

まだ先ですが来年の秋頃に彼と結婚することになりました。

25歳まで結婚は絶対無理だと思っていたので正直驚いています。。。

とても嬉しいです!人を幸せにできるように私自身、変わりたいです☆

これからいろいろと頑張ります!

質問がありまして、、状況もかわってきたりして

思考を現実化するお願いを書き直したいと思ってます。

普通に破棄して書き直しても大丈夫でしょうか?」

やり取りのメールで、

「カウンセリングを受けて、本当によかったです!」

との言葉もいただきました。

私もとてもうれしくなりました、ありがとうございます。

Yさんは、カウンセリングに来るまでは、彼との結婚をあきらめていました。

でも、その本心の望みをちゃんと言葉にしました。

望みを紙に書いたり、アファメーションにする時もコツがあります。

間違うと、『ずっと望んでいる状態』とか
『ずっと、○○なりたい、○○したい、と叶わない状態』
『叶わない思考』

のままになります。

Yさんにお伝えした方法で、私も書いた二日後に実現したとか、
書いて一か月以内に実現できた経験があります。

私やクライアントさん達の、こういう事例は他にもいくつかあります。

カウンセリングで言えない悩みを吐き出したり、
心のもやもやをすっきりすると、望みも叶いやすくなります。

思考は現実化しないのは、実現を止めている思考があるからで、
それがわかれば、変えていけます。


■アファメーション(自己暗示)をするほど苦しくなる 30代 男性

潜在意識の法則など、様々な自己啓発の本を読まれている方でした。

「すべてはうまくいっていると一日に何度も唱えているが、

一向に状況はよくならない。余計に苦しくなる。」とのことでした。

あまりよくない状況で、「すべてはうまくいっている」と唱えることで、

''自分の本音を無視していることをお伝えしました。

''そして、まずは自分の本音を認めるアファメーション(自己暗示)を唱えることをお伝えしました。

また、自信がある状態と自信がない状態のギャップが激しく、

自信がない状態の自分を受け入れることができなかったので、

自信がない状態の自分、ネガテイブな状態の自分を受け入れることをお伝えしました。

そうすることで、心がフラットな状態になり、

自分の自信がないとかネガテイブな部分も受け入れられるようになります。

''ポジテイブな自分だけじゃなく、ネガテイブな自分も受け入れて、
''心がフラット、ニュートラルな自然な状態になります。

セッションを受けた時、不安がなくなり、すごくすっきりした様子でした。

後日、その日に書いてもらったアファメーション通りのことが、翌日に起きた(会いたい人に会えた)、

そのほかのことも調子がいいという嬉しいご報告を受けました。


■同僚のKYと言われ傷つき、恋愛のコンプレックスに突き刺さった
30代男性

会社で同僚からKYと呼ばれ傷ついていました。

最初は、そのショックと傷を癒すためにカウンセリングに来られました。

その後、恋愛経験が少ないというご自身の女性問題とも向き合いました。

その後、劇的に変わったメールもいただきます。

Tさんからのメール

「3回のカウンセリングセッションを受けて幾つか気がついた事があります。

私は当初、同僚の女性の心無いカウンセリングもどき「女性への接し方」によって気持ちが傷つきました。

それと同時に色々な人から言われた事「空気が読めない、

的外れな事を言う」などを思い出し、何とか改善したく

会田さんにカウンセリングをお願いしました。

色々カウンセリングを受けるなかでKYだから女性経験が極端に少なく、

無能で仕事が出来ず、大きな目標など達成できないと感じた事に理由がありました。

(女性経験が極端に少ないのは自分のコンプレックスで人から心無い恋愛のカウンセリングもどきをされる度に本当に傷ついていました)

1回目のセッションで問題の原因は

どうやら女性経験に問題があることに気付きました。

2回目のセッションでは具体的な行動のレクチャーを受けました。

3回目でデートからベットインに行けない心のブレーキの本質が何だか気が付きました。

カウンセリングを受けるなかで
''リソースを見てみると意外に多くあった事に驚きを感じます。
''

自分は行動力が無いと思っていましたがどうやらあったようです。

勉強熱心とは自分では全く思っていませんでした。小学校から勉強が大嫌いでした。

余談ですが、そのため当然ですが勉強が出来なく

自分には知能が足りないのかと思っていたぐらいでした。

そしてお前はKYだと言われた時にその事を考えてしまい

コンプレックスに触れて落ち込むことが多かったです。

ですが、3回目のセッションを受けた今、恋愛の心のブレーキが外されたと思います。

後は突っ走ります。

私のコンプレックスの大半を占めるのは恋愛経験なので会田さんのカウンセリングを受けられたのは本当に運が良かったと思います。」

(Tさんのメールより)

その後、何度も良い報告のメールを頂きました。


■過去の親の育て方で、現在が苦しい  40代女性

現在は、幸せな結婚をし、子育ての最中でありながら、
親の事を思い出すと苦しくなるという悩みを持たれていました。

子どもを眠らせた後、ふと、自分の過去を思い出して、苦しくなると。

過去にも何度か、
「この世から消えてしまいたい」と思ったことがあるとのことでした。

私たちは、ご両親との関わりを通して、
子供時代に、思い込み、ビリーフができます。

この方は小さい頃から「消えてしまいたい」と思ってようですが、
この裏には、「自分は存在してはいけない」という思いこみがあるようでした。

親の育て方により、このような思い込み、ビリーフができてしまう方がいます。

現在は幸せなのに、幼少期にできたビリーフにより、
現在苦しまれていました。

私たちの悩みの多くは、ビリーフ、思い込みからくるものが多いです。

その他にも、「親から離れてはいけない」「親に逆らってもいけない」という思い込みがありました。

この思い込みを変えるワークをしところ、軽くなったご様子でした。

親のせいで、このようなビリーフができるという話ではありません。

子どもの頃は、認識の仕方もまだ子供なので、
極端な思い込みができやすいです。

親は変えれませんが、このようなビリーフは変えることができます。


■パートナーを許したいが許せない  40代男性

奥さんのやった過ちで悩まれていました。

今後も一緒にいたい、許したいが許せなくて苦しいと。

カウンセリングを通して、「許すべきだ」「許さなくてはいけない」という
●●するべきだという、自分の信念に気がつかれました。

「これからも長く一緒にいたいと思うからこそ、
今は許さないで下さい。許さなくてもいいです」

とアドバイスしました。

この一言で「本当に救われた」と、
ずいぶんと軽くなったようでした。

時間がくれば許せるようになります。
無理に許そうと思うと、自分の許せない心を否定する事になり、自分が苦しくなります。

まずは自分のありのままの心を認めてもらいました。

いくつかヒーリング的なワークをしましたが、
痛みが癒され軽くなった様子でした。


■男性と付き合えない、過去の恐怖がある 20代女性

一回目は鬱っぽいという悩みで、カウンセリング後、
早起きするようになったり、生活が変わったとの報告を受けました。

2回目は恋愛に関する悩みを伺いました。

過去のある出来事により、男性と付き合えないという悩みを持たれていました。

話すまでも勇気が要りますが、
自己開示して話てくれました。

恐怖症のワークを行いました。

ある状況へ見方が変わったことで、
出会いや恋愛に前向きになった様子でした。


■職業や将来、人間関係に悩む 40代男性

職業を転々とされ、現在無職。
対人恐怖ぎみだと人間関係についても悩まれていました。

カウンセリングを通して、
お金を稼ぐ必要があることを自覚し、
それとは別に本当にやりたいことが何かわかった様子でした。

現在できる事は何か?という事で、
部屋の掃除と職安に行くことを約束しました。

その後、その一歩を踏み出した事をご報告受けました。


■視線恐怖に悩む 30代男性

ある場所に行くと、人の目が気になるという悩みを持たれていました。

カウンセリングを通して、自分の中にあった自意識過剰な面を自覚し、
NLPの恐怖症のワークを繰り返しました。

3回のカウンセリングを通して、
人の目が気になったりすることがなくなりました。

一回目来た時は、長年の習慣で睡眠薬と安定剤を飲まれていました。
薬はやめた方がいいと勧めました。

本人の努力によるものですが、
一年後、薬をやめた報告を受けました。


■夫婦関係に悩む 30代女性

離婚しようかどうかと、夫婦関係で悩まれていました。

夫の言動が気になり、許せないところまできたと。

カウンセリングを通して、
自分の中にあった信念・価値観にも気がつかれたようでした。

相手がごちそうさまと挨拶しない。それが気になる。

その裏には「挨拶はするべきだ」という自分の価値観があります。

そのことと、自分の夫へ対する見方や態度にも気がつかれ、
夫への見方が変わったとのことでした。


■恋愛で悩む 40代女性

いい人と出会えないという恋愛の悩みを持たれていました。

カウンセリングを通して、親からの影響で、
しばりつけている信念に気がつかれました。

自分達は、親からの影響を受けて育ってきました。

「恋愛してはいけない」「あおの男はだめだ」
などと厳しく育てられると、
「幸せになってはいけない」などとそういう思い込みができる時があります。

自分の思い込みや信念が現実を作っているので、
それを解放する必要があります。

会社と家の往復の生活だったようで、
新しく生活を変える決意をしていかれました。


■緊張がひどい、人とうまく付き合えない  30代男性

昔から人とうまくつきあえない、周囲から孤立している、
緊張するなどという悩みを持たれていました。

カウンセリングを通して、自分の中に、人を見下して見ている点や
自意識過剰な面に気がつかれました。

カウンセリングで人と調和した繋がりを感じた感覚を感じてもらいました。

自分のそういう点を直し、繋がりを感じた感覚を大事にしながら、
今後は人と付き合うと決意されていかれました。


■新しい職場に行く 緊張するという悩み 40代男性

職業を転々としてきた、人とうまく付き合えない、
緊張するという悩みを持たれていました。

緊張に関しては、いくつかの対処法をお伝えしました。

人付き合いに関してもいくつかのワークとアドバイスをしました。

心が軽くなった、見方が変わったと、すっきりした様子でした。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional