うつ病、鬱状態、生きづらさ、心や日常の悩みをスッキリ解決!どんどん良くなるカウンセリング山形。人生悩み相談。電話とスカイプで全国対応可。仕事や職場の人間関係、不倫、離婚、別居などの夫婦問題、子育て、親子関係、家族問題、恋愛、出会い、復縁、鬱、引きこもり、対人恐怖症、性格改善など様々なご相談に対応しています。宮城、福島、秋田、岩手、東北全域や関東や北海道からもご相談者さんが来られます。

不安やネガティブな気持ちも感じていい

不安やネガティブな気持ちも感じていい

人間、生きていると、不安を感じたり、寂しさを感じたりもします。

無理に、消そうと思っても、なかなか、消せるものでもありません。

出来事を前向きにとらえたり、プラスの言葉を唱えたり、などする時もあります。

でも、そういうのが、できないくらい、気持ちが弱ったりする時もあります。

カウンセリングに来られる方でも、前向きにとらえたり、イメージワークができる人もいれば。。

それさえも、できないくらい、気持ちが弱っている方もいます。

これは、私や他の人にも、同じことが言えます。

捉え方や言葉を変えたり、イメージを変えたりして、気持ちを前向きに持ち直せる時もあれば、

そんなことすらもできないくらい、弱ってしまう時があります。

私も、過去に、そういう時期を体験したことがあります。

それぐらい弱ってもいいと思っていますし、人間として生きていれば、当たり前だとも思います。

ポジテイブな感情がある、のと同じように、不安な気持ちやネガテイブな感情があって当たり前です。

それを、無理に抑えつけようとしないで、「ああ、今そういう気持ちなんだな」と、その気持ちをながめる、あるということを認める。

それが、今の気持ちを受け止める、ことだと思います。

昔、セラピスト養成講座で、「フォーカシング」という心理療法を習いましたが、感じている気持ち、感情をただあると認めて、その気もちに寄り添うだけで、その気持ちは、だんだんと、おさまっていったりします。

不安は、感じていいし、寂しさだって感じていいと思います。

無理に、消そうとしない。

ネガテイブな感情だって、自分の一部です。

自分の中にある、のを感じて、そっと、寄り添ってあげてみてください。

そういう感情を感じたままでも、目の前のことを、楽しむことだってできますので。

お読みいただきありがとうございます。

うつ病から回復までやること

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional