うつ病、鬱状態、生きづらさ、心や日常の悩みをスッキリ解決!どんどん良くなるカウンセリング山形。人生悩み相談。電話とスカイプで全国対応可。仕事や職場の人間関係、不倫、離婚、別居などの夫婦問題、子育て、親子関係、家族問題、恋愛、出会い、復縁、鬱、引きこもり、対人恐怖症、性格改善など様々なご相談に対応しています。宮城、福島、秋田、岩手、東北全域や関東や北海道からもご相談者さんが来られます。

小さい変化が大きい変化へ

小さい変化が大きい変化へ

カウンセラーの会田です。

家の近所から、見える、田んぼの風景です。

画像の説明

昔から、ここから見える蔵王が好きで、よく、散歩をしています。

季節ごとに、変わる空気や、季節の香りが大好きです。

私にも、経験がありますが、うつの状態というのは本当に辛いものです。

自分が、自分でないような感じがしたり。

昔の自分は、もっと明るくて元気だったとか、過去の自分と比べて、卑下するようになったり。

思い出にひたって、それはいいんだけど、今現在が、余計に辛く感じたり。

眠れない時は、夜がくるのが嫌だったり。何もかもが嫌になったり。

私も、どん底の時に、そういう気持ちを感じていました。

もっと、ひどい状況の人から見たら、あなたの状況はまだいいよ、と言われるかもしれませんが。

私も、そういう辛い日々を体験してきました。

明けない夜は、絶対にないと思っています。

うつや、落ち込んでいる状態でも、人により個人差があります。

姿勢を変える、大きくゆっくり深呼吸をするだけでも、気持ちは、全然違ってきます。

姿勢が気持ち、感情を作っています。心と体は繋がっています。

落ち込んでいる時は、猫背になり、堂々と胸をはると、堂々とした気持ちにもなります。

無理やり、ポジテイブになろうよ、という話ではありません。

例えると、マイナス100の状態でも、ちょっとずつ回復を目指すと、
マイナス50になり、それが0になり、それが10になり、20、30となっていくことができます。

マイナス100の状態から、一気にプラス100なの状態なんて無理です。

散歩をする、部屋の掃除をする、姿勢を変える、ゆっくり大きく深呼吸をするなど。

小さくても、今の自分ができることが、すごく大事になってきます。

何度か書いていますが、小さい変化が大きい変化に繋がっていきます。

こちらは私の体験談になります。

詳しく書いていますので、よかったら、参考にしてみてください。
 ↓↓
不安と孤独でおしつぶれそうな時にやったこと

うつ病から回復までやること

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional