うつ病、鬱状態、生きづらさ、心や日常の悩みをスッキリ解決!どんどん良くなるカウンセリング山形。人生悩み相談。電話とスカイプで全国対応可。仕事や職場の人間関係、不倫、離婚、別居などの夫婦問題、子育て、親子関係、家族問題、恋愛、出会い、復縁、鬱、引きこもり、対人恐怖症、性格改善など様々なご相談に対応しています。宮城、福島、秋田、岩手、東北全域や関東や北海道からもご相談者さんが来られます。

辛い過去の記憶を変える・捨てる

辛い過去の記憶を変える・捨てる

人は、過去にあった嫌な出来事、辛い出来事を思い出し、苦しむ時があります。

これまでも、過去の嫌な出来事に苦しんでいるという方も、カウンセリングにけっこう来られました。

きれいさっぱり、忘れることができれば、心も、楽になるかと思います。

私が学んできた、NLP(神経言語プログラム)には、サブモダリティチェンジといって、記憶を変えるスキルがあります。

イメージ力を使い、嫌な出来事の過去の記憶を、遠くへおしやったり、小さくしたり、白黒にと変換したりもできます。

私にも、嫌な出来事の記憶がありましたが、イメージ力で、何度も小さくしたり、遠くへやることで、だんだんと思い出さなくなり、ほとんど忘れたりしました。

過去の、クライアントさん達も、私と同様のことをご報告してくれています。

また、あえて思いだして、その時の、嫌な感情や、怒り悲しみをだしきって、解放する方法もあります。

記憶だけではなく、無意識(心の奥)に、過去の悲しみや怒りという感情が残っていたりするので、あえて向き合い、感情を出し切ります。

そうすることで、本当に心がすっきり、解放されたりします。

それでも、また、過去の嫌なことを思い出して、気になるという時・・

嫌な記憶にまつわる物を、思いきって、捨ててもいい、と思います。

例えば、学校とか職場とかで、いじめられたことがある、という時など。

卒業アルバムだろうが、集合写真とか捨ててしまってもいいと思います。

捨ててしまって、リセットする。そんなことなかったことにする

今、ここに新しい自分として生きる。

いじめられたとか、そんなことがあるとこの写真とか、関するものをとっておくことはない、と思います。

きれいさっぱり捨てて、今ここに生きる。

その方が、ずっと建設的かと思います。

私は過去は変えれると思っています。

嫌な出来事をとらえ方を変える(リフレーム)、というスキルがありますが。

私の例でいうと、自営の店をやってつぶした、という経験に対して、
とらえ方を変える、リフレームすると、

「いい経験をした」「貴重な学びになった」「失敗だとしても貴重な財産になった」など、良いとらえ方ができます。

とらえ方を変えることで、嫌な出来事の記憶も、いい記憶として保存することができます。

これは、過去事態を変えるというよりも、記憶を書き換えるという感じです。

うつ病から回復までやること

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional